PR会社とは?そもそも何をする会社なのか?

PR_top
PR会社とセットで考えないといけないものに広告代理店があります。パッと見た感じでは「PR会社」と「広告代理店」でやっていることにどんな違いがあるのかわかりにくい場合があります。

学生の就職活動では常に人気上位にランクアップされる”PR会社”と”広告代理店”ですが、実態は果たしてどのようになっているのか気になる方も多いかと思います。 就職説明会などでは基本的にはどこの会社も綺麗なことしか話さないので入ってみるまでわからない部分が沢山あります。

広告代理業

まず広告代理業ですが、クライアントの依頼を受けて商品やサービスなどの宣伝を行なう事業です。

その手法はテレビコマーシャル雑誌看板アメニティなど様々であり、その種類はメディアが多様化することによって増加しているといえるでしょう。その中で、受けた依頼内容を元に最も効果的な手法を用いることになります。

その手法はクライアントと綿密に相談をしながら予算や流行、ニーズをくみ取った上で採択されますが、内容は広告代理業が持つ独自性に依存する割合が大きいといえます。

そのために広告代理業を運営する際には各種メディアを運営する会社とどのようなコネを有しているか、どんな実績があるのか、画期的なアイディアを出せる人材がいるのか、などが重要になります。

そんな広告代理業の魅力はクライアントから受けた依頼内容に基づいて期待される成果をいかに上回れるか、そして不特定多数の人の目につき、どれだけインパクトを与えることができるのかにあるといえるでしょう。時にそれが世間的な流行になり、自分のアイディアが長らく人の記憶に残ることもあるのです。つまり成果を目に見えるかたちとして実感することができ、その効果を具体的な数字で把握することも可能なのです。

PR会社

PR(パブリックリレーションズ)とはジャンルとしては古くからあるのですが、企業を成長させていく上での必要性が叫ばれ始めたのは比較的最近になってからになります。

簡単に言えば、企業の広報担当の代わり(もしくは一緒に)その企業の広報活動を行うことがメインになります。 広報という仕事を簡単に説明しますと自社の活動を円滑に進めるために、どんな活動をしているのかを正しく知ってもらうために活動している仕事になります。 会社は自社の商品やブランドを多くの方に知ってもらわないとアピールすることができずに過小評価されてしまい、業績を上げることができません。

そういった部分を補うのが広報の仕事であり、社会の多くの人々や顧客になるであろう人に対して会社の認識をしてもらい、印象を良くして、ブランド力を上げるのです。

広報は具体的にどんな仕事をするのかと言いますと、広告宣伝と勘違いされる人が多いですけど宣伝のように広く周知するのではなく、自社や具体的な商品の情報を発信したり、メディアにプレゼンなど働きかけたりします。 そうすることによりメディア側が良い情報だと認識して社会に情報を流して多くの方に知られる訳です。

受け身的な広告宣伝と違って自ら動いて働きかけるものであり、広報のアピールによって、どうメディアに取り扱われるかも変わってくる場合が多いでしょう。 会社側から社会へのアピールや情報発信するのが広報の仕事であり、多くの方に会社や商品の良いイメージを作るために存在している仕事になります。





具体的な仕事内容は?

では具体的にPR会社は何をするのでしょうか?基本的にはクライアントの希望に合わせてPRしていくものに合わせて様々な提案を企画していくという企画営業がメインになります。

企業の業態や取り扱っている商品・サービスなどによって、そのやり方は様々となっており、まさに千差万別で同じやり方というものは通用しない場合がほとんどであるためその企業に合わせてカスタマイズしていきます。

  • 商品PR
  • 企業PR
  • 人物PR

PRするものは大きく分けると3つのカテゴリーになります。

商品PR

一番ポピュラーなパターンとなる商品PRですが、主にその企業のメインとなる商品・サービスの認知度を上げるために行われます。またECサイトなどの場合には、そのサイトそのものの知名度を上げる必要があるため、並行してSEO対策なども行うことが必要になります。

具体的には新商品の発売や発表などに合わせて「プレスリリース」を配信したり、有名なブロガーなどにその商品・サービスについて記事を書いてもらうなどの方法があります。

企業PR

企業そのものの知名度を上げ、社会からの信頼度を上げるために行われます。また、採用に力を入れている企業などは「企業力」が問われるため企業PRは必須となります。

最終的なゴールとしてはPR活動を通じて、その企業のファンをいかに増やすことができるかということに尽きます。

人物PR

商品PR、企業PRと並行して行われることの多い、人物PRですがこれは例えば企業のトップ(代表者)や人事担当者など特定の人物をその企業の顔として打ち出していく方法になります。

スタートアップの企業や中小企業など市場において競争力をまだあまり持つことのできない状態の企業などは、特定の人物を打ち出すことで自社の強みとして他者との差別化を図ることも有効な方法だと思います。

PR会社の選び方

PR会社に発注を考える時になにを基準に選べば良いか?という誰もが悩む問題に関してですが、一口にPR会社と言っても様々な会社があり、それぞれ得意にする内容も異なります。

一番確実な方法は実績も企業規模もあり広く一般的に知れ渡っているPR会社に発注することですが、そのような大手企業の一般的な相場は最低月額50万円〜となっており、スタートアップや中小企業が払えるような金額ではとてもありません。

現実的にはそこから少し企業規模の小さくなったPR会社の中から、戦略に合わせて選んでいくことになると思います。

おすすめするのはとりあえず数社にアプローチを取り、担当者と面談した上であいみつを取りながらその企業のことを調べていくという方法です。何を当たり前な…と思われるかと思いますが、その際に気をつけるポイントがいくつかあります。

担当者の知識レベル

面談の場にあられた営業担当の知識レベルが低いところとのお付き合いは避けましょう。これは後々に大きく響いてきます。最初はこちらも知識がない場合が多く、提案されるままに進めるケースが多いと思いますが、ある程度こちらの知識がついてきた時に担当者のレベルが低いと、やりとりする中でいちいち「上司に確認します。」などと言われ、業務が止まることが多くなります。

制作部門との立ち位置の上下関係

これはPR会社の中での問題になるためわかりづらい部分ではありますが結構重要だと思っています。提案を受けた案件について何かしらこちらも意見などを盛り込んでもらおうとした時に、そのPR会社の中で制作部門の方が力が強い場合には担当営業がこちらの意向を伝えたとしても制作部門の意見に潰されて思うように進まないことがあります。

基本的にはこちらはクライアントなのでこちらの意見を営業担当が最大限尊重した提案をしてもらえるような体制が望ましいと思います。

一点に偏っていない

これは大丈夫だとは思いますが、基本的にその会社ごとに得手不得手はあってしかるべきではあるのですが、あまりにも偏っている企業は避けるべきだと思います。

WEBは得意だけどそれ以外はからっきし。などとなってくると自社の成長に合わせてフィールドを広げる時に対応ができなくなり新しいPR会社を探すことになったり、下手をしたら複数のPR会社と同時に契約などという余計なコストと手間がかかってくる可能性が大きくなります。

 

細かい注意点は他にもありますが、この3点は是非気をつけてPR会社を選んでいただければと思います。



【PR】

おすすめのPR会社はこちら|フリーソフト|女性の人生|ショッピングカート設置|seoリンク|ページランク別相互リンク集|お小遣いNET|相互リンク募集中|相互リンク募集サイト|健康マニアによる無病ライフ|相互リンク|相互リンクダイレクト|口コミで定評のあるダイエット方法ナビ|40歳目前で起業|